トップページ > JCA教育プログラムについて

JCA教育プログラムについて

Program

JCAではカイロプラクティック技術の習得に対する教育プログラムが各種あり、それぞれの内容についてご紹介いたします。

1.各種セミナー
JCAより講師を派遣し、開催されているセミナーには以下のようなものがあります。
セミナーは受講するレベルごとに分かれており、受講する生徒の確実な技術習得を図ります。

・初級カイロ事業セミナー 7日間 授業時間数 約65時間
・腰肩集中事業セミナー 4日間 授業時間数 約35時間
・中級カイロ事業セミナー 6日間 授業時間数 約55時間
・上級カイロ事業セミナー 6日間 授業時間数 約55時間
・優秀カイロプラクター事業セミナー 6日間 授業時間数 約55時間

これらのセミナーは宿泊形式で行い、それぞれのセミナーレベルに応じたカイロプラクティックの知識とテクニックの習得となります。
なお、上位のセミナーの受講の申請には地元での監督者の承認が必要となります。これまでに受講したカイロプラクティック技術の習得完了を確認された方のみ、上位セミナーを受講できます。

2.各地域別に開催される「地方勉強会」への講師派遣
JCAでは各種セミナー受講後に、各々が学びを深められるよう各地域単位での勉強会を開催に対して講師の派遣をおこなっております。全てのセミナーの受講が終了されていても、アメリカからの最新技術などの習得に向け、定期的な勉強会に参加いただき、技術の向上のための指導を行っています。
毎月開催しており、各地域ごとに行われる地域勉強会から、夏期・冬期など全国同時期に開催される講習会や宿泊勉強会など多岐にわたります。これらの勉強会で使用するテキストについても作成しています。

年間に公式勉強会として開催しており、年間総時間数は約120時間となります。
大規模な勉強会から、各地域ごとでの勉強会など幅広く対応しております。これらの勉強会は毎年開催されており、参加し続けることで確実な技術の向上につながります。

3.通信教育
多くの学問において、知識の上に技術が成り立っており、カイロプラクティックも例外ではありません。JCAでは初級カイロ事業セミナーを受講後に、JCA会員のカイロプラクティック知識向上のために3年間の通信教育の実施を行っています。これらは個々人での学びとなり、カイロプラクティックの基礎となる解剖学や病理学、生理学、カイロ哲学などの知識を習得していただきます。知識の向上を図ることによって、人体の基本構造や生理的現象を学ぶことができます。

main_8